幌岩丸ホームページVer.4 オホーツク海常呂漁港からカレイ・沖五目・ブリ


写真詳細4 2017年11月23日 木曜日



前日まで7時ぐらいに気圧の谷が通過して帰るハメになる予報が。夜にはまた予報が変わり9時過ぎたら気圧の谷通過の予報に。今朝になって調べたら気圧の谷がごくわずかな勢力に変わっていました。最後まで穏やかに釣ることができました。あと何回タラ釣りに出れるでしょう?



■中富良野町・吉田幸治さん。日曜日がだめで何度も流れているのでついに祝日の今日急遽予約で釣りに来れました。平均して型が良かった吉田さん、秘訣は一番下の写真にあります。この80cmほどのが船中で最大身長でした。



■先週もカレイ最終日に勤務シフトを買うたしてもらい乗船し、そして今日もまたシフト交代で乗れる日に乗りに来ました。前回タラ専乗船時にも使っていた仕掛けはタコベイトの白系。今日も使用してほぼ入れ食いで40本オーバーしたのでは?と言っています。型は小さいのが多かったですけどね。全部の頭を落として内臓も捨ててもクーラーが重かったようです。



■北見市・飯田浩市さんかなり苦戦。この時は誰にもまねのできないトリプルでした。
今日釣れた唯一のアオゾイ込みのトリプル。



■最終日近くなると港でのアキアジ釣りも下火になっていて船専門で来てくれます。旭川市・八重樫栄さんは数もかなり調子よかったっようです。いろいろなパターンの仕掛けを用意していましたね。



■シーズン終盤には乗る船が少なくなり幌岩丸にも乗ってもらえるチャンスが。北見市・乾雄一さん。なかなかの大きさですよ。




■仕掛け、見えます?釣れています タコベイトにサンマエサ付き。